お問合せ
おきなわ音楽月間事務局
https://www.o-o-g.jp/
Tel.098-941-2201   

りんけんバンド

りんけんバンド

90年代、デビュー作「ありがとう」のヒットから沖縄ミュージックシーンを牽引し続け国内はもちろんのこと、言葉や人種の壁も超越し海外でも高い評価を受けています。

りんけんバンド』はリーダーの照屋林賢が1977年に結成以来、三線、島太鼓などの沖縄の伝統楽器 と、ドラムス、キーボード、べースなどの現代的な楽器を巧みに融合させ、「沖縄ポップ」といわれる新し い音楽のスタイルを追求しているグループです。

オリジナルの全楽曲を林賢が作・編曲し、それらの詩曲が稀代の歌姫・上原知子によって歌われる時 曲に生命が吹き込まれます。ポップで力強く、心躍る沖縄特有のリズム。清らかで美しく、心地よいメロ ディと歌声。歌詞はすべてウチナーグチと呼ばれる沖縄方言で歌われ、カラフルなコスチュームで勇壮 な“エイサー”が踊られるステージは、華やかそのもの。

そして、観客と一体となって繰りひろげられる“カチャーシー”は、南国の熱気一色。沖縄のカルチャー<言葉と伝統芸能>を土台にしながら、“なんくる”(=自然なまま)に、そして自由奔 放、積極果敢に音楽の世界航海を続けるりんけんバンドは、新たな出会いを待っています。

ホームページ http://www.rinken.gr.jp/

神谷 幸一  

大工 哲弘

だいく てつひろ

1948年、沖縄県八重山郡石垣市字新川に生まれる。

八重山地方に伝承される多彩な島唄をこなし、八重山民謡の第一人者として地位を築いている。その島唄に愛情を込めて歌う姿勢には共感者が多い

71年、石垣市主催「とぅばらーま大会優勝」。99年に沖縄県無形文化財(八重山古典民謡)保持者に指定される。

県内外をはじめ40カ国海外の巡回コンサートを実現、世界狭しと活動を続けている。

さらに世界の民族音楽家、ジャズやロックのミュージシャンなどとの共演活動も意欲的に行っている。CDアルバムも20数枚リリース。最近では神谷幸一、徳原清文、金城恵子ら同世代の「唄綵」をプロデュースアルバム発表、2018年は「第16回宮良長包音楽賞」を受賞、八重山民謡教室の支部を全国に持ち、沖縄・八重山民謡の普及・育成にも力をそそぎ幅広い活動をしている。

ホームページ https://daiku-tetsuhiro.com

新垣 成世  

新垣 成世

あらかき なりせ

沖縄民謡保存会所属、平成26年民謡大賞、八重瀬歌舞団員。

「汗水節大会」
「恋し鏡地大会」
「本部ナークニー大会」
「別れの煙大会」
「S1グランプリ」等、各大会にてグランプリを受賞。

「歌の花」新唄大会にて、歌唱賞受賞。

前田 博美  

前田 博美

まえだ ひろみ

幼い頃より沖永良部島で育ち,唄者であり師匠である祖母 前田綾子 の影響により島唄・三線を習い始め,島内外多くのイベントに参加している。

沖縄県立芸術大学大学院卒業後、沖縄県を中心に活動している。沖永良部島観光親善大使。

ティンク ティンク

ティンクティンク

りんけんバンドの拠点でもあるライブハウス「カラハーイ」にてレギュラーライブを行いつつ、県内外のイベントや各メディアにも精力的に出演。子供からお年寄りまで幅広い層の支持を得ている。

「ティンクティンク」の語源は沖縄の楽器三線(さんしん)の響きを表す際の擬声語。また赤ん坊をあやす時に口ずさむ言葉でもある。レパートリーはオリジナル曲から沖縄民謡まで。

波名城夏妃(中央左)
はなしろ なつき / 沖縄県(宮古島市)

屋嘉比奈々(中央右)
やかび なな / 沖縄県(南風原町)

我那覇せいら(写真右)
がなは せいら / 沖縄県(恩納村)

譜久村さやか(写真左)
ふくむら さやか / 沖縄県(北谷町)

ホームページ http://rinken.gr.jp/artist/tinktink/

中の町青年会

なかのまちせいねんかい

中の町青年会

中の町青年会は、地域の方々をはじめ、沖縄市内外の青年会の協力を得て、2010年 に再結成し、今年で10年目を迎えることができました。

現在、中の町青年会は会員として約100名が在籍し、自治会活動や地域のボランティアに参 加するとともに、地域の青少年達の行き場となれるような青年会を目指して積極的に青少年 健全育成に取り組んでいます。

今年は大きく世代交代をして、若い世代を中心に活動して参りましたがオフシーズンも新たに気を引き締めて新会長を筆頭にこれからも頑張って参ります。

MC:やよい  

MC:やよい(泉&やよい)

このページのトップへ戻る